税理士や弁護士の求人を探そう│士業で始業をしよう

大規模な事務所と就活

大規模な事務所の増加

男性

近年、弁護士事務所は大規模化する傾向にあります。 その理由の一つは弁護士も広告を出せるようになったからです。 昔は法律で広告を出すことを禁じられていたのです。 そのため、昔は個人事務所を開設することが多かった弁護士も、今では大規模な事務所からの求人募集を受けて入ることが急増しています。 個人では広告費を出すのには費用や手間がかかり、仕事を得るために苦心します。 しかし、大規模な弁護士事務所ならば、何もせずとも一定の仕事が舞い込んでくるため、大手事務所の求人募集は人気となっています。 このような理由から、近年では弁護士の求人募集が急増している状況にあり、それを見越したビジネス展開している業者も少なくありません。

事務所で働くために

大手の事務所に入れば仕事を確保し収入も安定するため、その求人の競争率は高いです。 弁護士資格があるからといって、誰もが雇い入れてくれるとは限りません。 もしも、大手事務所で働きたいのならば、それに適したスキルを身につけるのが一番です。 それぞれの事務所では得意分野があります。 たとえば、借金・過払いに力を入れている事務所がある一方で、企業の吸収合併に力を入れている事務所もあります。 他にも特許に強い事務所もあるのです。 自分の得意とする分野の大手事務所を狙うのがベストですが、あえて大手事務所の分野に合わせてスキルを身につけるのも一つの手です。 大きな武器を手に入れることができたら、就職活動に大きなアドバンテージを得ることができます。